ステップワゴンの歴史について

歴史

ステップワゴンは1996年5月に発売されてから現在も人気の歴史あるミニバンです。

 

発売当時はレジャー、リクレエーション用途向けの車(RV車)のクリエイティブ・ムーバーの第3弾として発表されました。

 

コスト低減を徹底していて一番安価のエアコンがメーカーオプションの「N」の価格は184.8万円と大変安くなっています。

 

2001年にはフルモデルチェンジを行い2代目となりましたが、コンセプトは先代と同じで外観も先代と似た雰囲気の物となりました。

 

見た目は似ていてもプラットフォーム・ボディ・サスペンションは専用に開発されたものが使用され、側面衝突や後面衝突にも強くなりました。

 

2005年にはフルモデルチェンジを行い今までのコンセプトを一新し、大きな箱のイメージがなくなりました。

 

低床・低重心プラットフォームがベースとなり、室内高で低床化・低重心化、全高低減とシャープになるとともにコーナリング性能や直進安定性が向上されました。

 

2009年10月には3代目の低床・低重心のコンセプトは変えずに「みんなの楽」=“皆楽”をキーワードに開発されました。

 

3代目に比べて全長、全高が長くなりましたが、5ナンバーサイズはそのままです。

 

2015年4月には5代目のフルモデルチェンジを公式発表し、エンジンを大幅にダウンサイジング、Honda車初採用の「VTEC TURBO」エンジンのL15B型に置換しました。

 

また燃費も「平成32年度燃費基準」を達成しています。5代目となったステップワゴンですが2016年にはハイブリッドも追加されるようです!

 

これはまだまだ目がはなせないですね。